やなかしょうが|東京都

谷中しょうが

東京谷中の地名がついた葉生姜の代表的品種!

概要

江戸時代、台東区谷中は農業を主たる産業とする農村だった。特に、葉生姜を中心とする生姜の名産地であったが、現在はその名称が残っているだけで、生産が行われていたのは、明治時代頃まで。葉生姜は、初夏の頃葉をつけたまま収穫するもので、大きさは小指程度。その代表的な品種が「谷中しょうが」である。酢漬けにしたり、味噌を付けて食べるのが一般的。薬効成分も高く、血行増進や発汗による解熱効果、咳を鎮静する作用などが認められている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 東京都都内(23区)上野・御徒町
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP