つまみな|東京都

つまみ菜

小さな若苗にたくさんの栄養を含むアブラナ科の葉物野菜

概要

「つまみ菜」は、もともと小松菜やカブなどの若い苗の総称で、現在雪白体菜の若苗を意味している。江戸川区葛西地区を中心に栽培が行われており、小松菜栽培が難しい5月から8月にかけて生産されている。他の葉物野菜同様、おひたしや汁物の具、サラダにして食する。「つまみ菜」は、栄養価が高く、食物繊維やビタミンC、βカロテンなどが多く含まれている。皮膚や粘膜を守る働き、便秘や貧血体質の改善にもひと役かうと言われている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都都内(23区)亀戸・葛西・門前仲町
3月 4月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP