きゅうさいとうけべってい|新潟県

旧齋藤家別邸

砂丘地形を生かした高低差のある回遊式庭園

概要

旧齋藤家別邸は、1918年(大正7年)に新潟の豪商・齋藤家の四代目・齋藤喜十郎が迎賓のために造営した別邸です。大正時代の港町の繁栄を物語る文化遺産として国の指定名勝とされています。
庭園と建物を一体と捉える""庭屋一如""の趣向で建てられ、室内から庭園を一望できる開放的な建物と、高低差のある砂丘の地形を利用した回遊式の庭園が特徴です。初夏の新緑や秋の紅葉、冬の雪景色など、四季折々の風情があり、季節によって違った表情を見せる庭園は街中の喧騒を忘れさせてくれます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県新潟市周辺
住所 新潟県新潟市中央区西大畑町576番地
電話番号 025-210-8350
問い合わせ先 http://saitouke.jp
料金 一般:300円、小中学生:100円
駐車場 なし
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 ※掲載情報は登録時のものとなるため、情報に変更が生じている可能性がございます。
お出かけの際は公式HPなどで改めてご確認ください。

旧齋藤家別邸へのアクセス

「西大畑」バス停より徒歩6分(新潟駅発浜浦町経由西部(営)行き利用)、
観光循環バス「北方文化博物館新潟分館前(入口)」バス停 徒歩1分

PAGE TOP