おやしらず|新潟県

親不知

天下の険 親不知・子不知

概要

糸魚川市の西端に位置する崖が連なった地帯は「親不知」と呼ばれています。名前の由来は二説あり、荒波によって行く手を阻まれ、この崖を通り抜けるには親は子を顧みる余裕すらなかったほど過酷であったことから呼ばれたという説、もう一つは平安時代末期の武将・平清盛の弟夫人がこの崖を通りかかった際に、2歳の愛児が波にさらわれてしまったことを悲しみ詠んだ歌「親知らず、子はこの浦の波まくら越路の磯のあわと消えゆく」が由来となったとう説。どちらの由来からも「天下の険」と呼ばれる険しい断崖絶壁の道のりを感じることができます。親不知コミュニティロードと呼ばれる遊歩道の展望台からは、この断崖絶壁と4世代に渡って険しい道のりを開拓してきた歴史を見ることができます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 新潟県上越・妙高
住所 新潟県糸魚川市大字市振
電話番号 糸魚川市観光案内所 025-553-1785
問い合わせ先 糸魚川観光協会HP(公式)http://www.itoigawa-kanko.net/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 ※掲載情報は登録時のものとなるため、情報に変更が生じている可能性がございます。
お出かけの際は公式HPなどで改めてご確認ください。

親不知へのアクセス

北陸本線親不知駅を中心とする青海駅、市振駅間約15kmの総称で、親不知駅・市振駅の間が親不知、親不知駅・青海駅の間が子不知。

PAGE TOP