からすがわじょうりゅうさぼうえんてい|群馬県

烏川上流砂防堰堤

概要

この砂防堰堤は主要地方道54号を倉渕村の権田から二度上峠に向かい、はまゆう山荘の駐車場付近から角落山登山口の小さな案内表示のある林道を左に入り、入口から100mほど行った川の上流にある。

烏川上流部は明治43年や昭和10年の大災害を受け、
上流部に堆積した岩屑の流出を防止するため、
烏川本流の最上流部に昭和26年に建設された。

堤長67m、堤高18m。本体は粗石コンクリート、
表面は矢羽小谷積による練石積、天端は張石が施されている。

昭和26年に完成、築後65年を経過した現在でも、
榛名川烏川流域の防災の要として重要な役割を果たしている。

平成18年に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として
国登録有形文化財に登録された。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 群馬県高崎・前橋
住所 群馬県高崎市倉渕町川浦
このご当地情報の登録者 斉木 信一さん
備考 夏休みのドライブ、涼しい木陰でランチにオススメ。

烏川上流砂防堰堤へのアクセス

PAGE TOP