にいがたけんのささずし|新潟県

新潟県の笹寿司

戦国時代から伝わる、彩り豊かな郷土寿司

概要

クマザサの葉の上にすし飯をのせ、山菜や川魚などの身近な食材を具に使った寿司。

【歴史・由来】
戦国時代に上杉謙信が武田信玄との合戦の際、山奥での器のかわりに抗菌作用のある笹の葉を用い、携行食としたことがはじまりとされる。

【食べ方】
人が多く集まる場面(お盆、お祝いごとなどの行事)、旅館などの食事のメニューとして。
色とりどりの笹寿司を皿に盛り、漬物やお刺身、焼き魚を添えた大皿料理として食べることもある。

【作り方】
・ニンジン、しいたけ、れんこんなどの具材を煮含め、下味をつける。
・湯通しした笹の葉、具材、酢飯を巻きすで巻いて完成。

【提供店】
妙高山麓直売センターの食堂や旅館。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
通年
住所 新潟県新潟県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP