のっぺしる|大分県

のっぺ汁

精進料理が発祥の料理は、いまや日常食に

概要

肉類を入れずに、しいたけ、にんじん、こんにゃく等、野菜を主とした材料でつくられた汁物料理。

【歴史・由来】
大分県と福岡県の県境を流れる山国川流域の中津市山国町で精進料理としてつくられはじめ、野辺送りの際に供されることが多かったようだ。

【食べるシーン】
季節を問わない日常食。

【作り方】
・水で戻した干しシイタケと季節の野菜をだし汁で炊く。
・水溶き片栗粉でとろみをつける。

【豆知識】
葬式で精進料理をつくるのは女性の仕事だった。主にのっぺ汁、白あえ、酢あえなどを作っていた。


基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大分県別府国東半島・中津・宇佐日田・天ヶ瀬九重・竹田・豊後大野湯布院大分市・佐伯・臼杵
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP