にしめ|岩手県

煮しめ

地元食材をふんだんに用いて行事にふるまう、伝統的な郷土料理

概要

手作りの焼豆腐をはじめに、たくさんの具材を煮込んでつくられる料理。端午の節句や正月、地域の集まりなど人が大勢集まる時に作られていた。内陸部ではしいたけ、ふき、わらびなどの山の幸を加えたり、沿岸部では三陸沖でとれる「どんこ」をはじめとした魚を加えたり、地域ごとの味が存在する。

【歴史・由来】
県北部では祝儀、不祝儀を問わず、人が集まる場合には煮しめをつくる慣わしがあった。行事や季節によって材料を変え、いろどりや切り方等、家庭ごとの煮しめが作られていた。

【食べるシーン】
端午の節句や、正月。地域の集まりなど人が大勢集まる時にもつくられる。地域によるがお盆に食べることもある。

【作り方】
・ダイコン、こんにゃくを下茹でする。
・出汁でダイコン、こんにゃく、焼き豆腐、ジャガイモ、ゴボウ、シイタケ、フキなどお好みの具材を煮込む。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP