こうようづけ|岩手県

紅葉漬

鮭を丸ごと使った紅色鮮やかな郷土料理!

概要

秋から冬にかけて三陸沿岸で豊富にとれる鮭を活用してつくられる郷土料理だ。鮭の身と腹子を醤油漬けにしてつくられる。できあがった際の美しい色合いが紅葉にたとえられ、その名が付いた。三陸を中心に正月に欠かせない料理ともいわれている。

【歴史・由来】
岩手県の鮭の水揚げ高は全国屈指であり、三陸沿岸でとれる鮭をもちいた様々な料理が育まれてきた。紅葉漬はふるくから保存食として親しまれてきた逸品である。

【食べるシーン】
端午の節句や、正月。秋から冬にかけて食べることが多い。地域の集まりなど、人が大勢集まる時にもつくられる。

【作り方】
・下処理したサケの身を薄く切る。酒、みりん、しょうゆで煮切る。
・サケの腹子を海水程度の塩分のぬるま湯でほぐし、米のとぎ汁などでよく洗う。
・すべてまぜあわせ、冷蔵庫で漬けこむ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岩手県宮古・久慈・岩泉大船渡・釜石盛岡花巻・遠野一関・平泉八幡平北上・江刺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP