くろべだむかれー|富山県

黒部ダムカレー

ダムを食べちゃう!?流れ落ちるカレールーのビジュアルが人気!

概要

富山県と長野県の境に存在する、日本一の大きさを誇る「黒部ダム」をモチーフにしてつくられるカレーである。名の通り黒部ダムのようなビジュアルが特徴。アーチ状に高く盛られたご飯に、各店が趣向を凝らしたルーが添えられる。

【歴史・由来】
極寒の黒部ダムの建設現場において作業員の心の拠り所でもあったカレーは、ダム完成後は大町クラブハウス(現:くろよんロイヤルホテル)で「アーチカレー」となって提供が始まり、昭和40年代初頭には、扇沢駅大食堂(現:扇沢レストハウス)で本格的に提供が開始され、今日に至っている。
また、この「アーチカレー」は平成21年7月に長野県大町市内の15店舗がそれぞれのお店の思いを込めて、現代版“黒部ダムカレー”として販売を開始した。
2018年現在、黒部ダムカレー推進協議会加盟店として18店舗存在。黒部ダム周辺飲食店における名物ご当地メニューとなっている。

【提供店】
黒部ダム・扇沢駅のレストハウスや長野県大町市内全18店舗で味わうことができる。詳細は黒部ダムカレーHPを参照。

【黒部ダムカレー5つの掟】
その壱 お米をダムの堰堤の形にするべし
その弐 カレーのルーは必ず堰堤の外側に流し込むべし
その参 カレーのルーの上にガルベ(遊覧船)に見立てた“トッピング”を乗せるべし
その四 料金は700円以上とするべし(良質なカレーを提供するため)
その五 必ず水をつけるべし(北アルプスの麓、大町の水をご堪能いただくため

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 富山県富山市周辺・八尾
長野県安曇野・白馬
HP http://kurobedam-curry.com/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP