えちごながおかきさくべんとう|新潟県

越後長岡喜作辨當

長岡の食文化を楽しめる!包みが懐かしい駅弁

概要

長岡野菜の神楽南蛮を練り込んだ鶏団子、塩鮭、天保2年創業「越後みそ西」のナスとショウガを用いた味噌漬け、長岡黒いなりを用いたおかずなどに長岡のコシヒカリ、デザートに新潟県の郷土菓子「笹団子」が入った駅弁である。

【歴史・由来】
喜作という名称は、明治20年の創業当時の初代の名前「永橋喜作」の「喜んで作る」という名にちなんで名付けられた。弁当開発当時の2007年がJRの20周年、池田屋120周年という年であったこともあり、記念になる弁当を目指し開発された。

【提供店】
JR長岡駅上越新幹線12番線(東京方面)売店「たび御膳弐」。2階コン コース改札外立売「たび御膳・立売」。
JR新潟駅「駅弁屋」。

※掲載情報(文章・写真)は最新の情報とは限りません。ご自身でご確認の上、ご利用ください。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺長岡・三条・柏崎
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP