たこめし|香川県

たこ飯

うどん県はタコ漁獲量トップクラス!旨みが凝縮された郷土飯

概要

生のタコ、ゴボウ、ニンジン、油揚げなどを具として、出汁で炊く。瀬戸内海では昔からタコ漁が盛んで、中でも全国トップクラスの漁獲量を誇る香川県を代表する郷土料理である。

【歴史・由来】
瀬戸内海では弥生時代や古墳時代からタコ漁が行われており、タコが食材として親しまれていた。

【作り方】
・下処理した生のタコ、ゴボウ、ニンジン、油揚げなどを具材として、出汁と米を入れて炊く。

【おすすめの食べ方】
梅干しや枝豆、刻んだミョウガ、刻みたくあんなど、お好みの食材を入れる。

【提供店】
香川県内の和食提供店、旅館。
香川県がwebサイトで、タコをはじめとする地の海産物を食べられる飲食店を紹介している。



基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 香川県高松丸亀・琴平・坂出小豆島・直島
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP