そうしゅうらっかせい・うでぴー|神奈川県

相州落花生・うでぴー

「茹で落花生」の意である「うでピー」は独特の風味と伝統の味

概要

日本の落花生栽培は神奈川県大磯町が始まりといわれている。秦野の落花生は「相州落花生」の名で古くから栽培され、独特の風味がある伝統の味が自慢。秦野盆地は特に、関東ローム層に18世紀初め富士山の噴火により火山灰が堆積した土壌であり、落花生栽培に最適。タンパク質やビタミンB1、ビタミンE、必須アミノ酸などをバランスよく含んだ相州落花生は、栄養価の高い自然食品でもある。秦野地域の方言で茹でることを「うでる」ということから、茹で落花生(ピーナッツ)の名前として「うでピー」と呼ばれるようになった。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県江ノ島・湘南
9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP