かながわけんのなし|神奈川県

神奈川県のなし

多様な品種を持つ神奈川の「なし」は、江戸時代から続く味

概要

神奈川県でのなし栽培の歴史は江戸時代からと古く、川崎市は赤なしの代表品種「長十郎」の発祥の地としても有名。県内では「幸水」、「豊水」、「新水」、「あけみず」、「あきづき」、「新高」、「新星」、「筑水」、「長十郎」など多様な品種が栽培されている。現代の主要品種である「幸水」、「豊水」は、神奈川県農業技術センターで育成された「菊水」から育成された品種であり、神奈川県が現在の主要梨品種の基礎を築いたといえるだろう。また、川崎市で栽培されるなしは、「多摩川なし」と呼ばれ、地元で親しまれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県川崎
8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP