かまくらやさい|神奈川県

鎌倉野菜

ていねいに育てられ、仲卸を通さず売られている新鮮野菜たち

概要

「鎌倉野菜」、鎌倉で育った野菜たちをいつの頃からか、こう呼んでる。一般の野菜と異なり、畑のスペースが狭く少量の生産のため、大きな市場には出荷していない。つまり、めったに食べる事が出来ない“鎌倉ブランド野菜”なのである。鎌倉野菜はほとんどが仲卸を通さず、直売される。消費者との距離が近くて豊富な種類が求められることが多く、平均的な農家で年2~30種の野菜を育てると言う。畑は2畝ホウレンソウ、2畝だいこん、2畝カブ…と少量多品目生産。この様子が「鎌倉の七色畑」と呼ばれ、多くの見学者を引きつけている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県鎌倉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP