あざら|宮城県

あざら

白菜の古漬けとメヌケのあらで作る、家庭の味

概要

白菜の少し酸っぱくなった古漬けとメヌケのあら(又は吉次のあら)を用いた濃厚でおいしい粕汁。元々は旧正月に各家庭の残り物を煮たところから始まったと言われる。 また、春を迎えて白菜の処理に困った家庭で考案されたという説もある。名の由来は、昔この地に住む力の強い阿闍利(あじゃり=法師)が、修業時代に関西で食べたブリのあら汁を忘れられず作り出した、あるいは料理法があざら(手荒ら)なためなどと諸説ある。古くから、気仙沼地方の家ごとに秘伝ともいえる味で伝わっているため、各家庭によって味が微妙に違う。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 宮城県鳴子温泉・栗駒気仙沼・石巻仙台宮城蔵王・白石松島・塩釜
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP