かながわけんののり|神奈川県

神奈川県ののり

色・つや・香りの三拍子が揃ったのりは、全国トップクラスの品質

概要

横須賀ののりは、年間約2,000万枚が生産されており生産量県内一。横須賀市走水から大津の地先で養殖されている。色・つや・香りの三拍子が揃った走水の海苔は、その品質から全国トップクラスの評価を受けている。海中で生育している原藻は赤黒い褐色だが、乾燥すると黒々としたからすの濡れ羽色になる。のりもお茶と同じように摘み取りの順番で一番、二番…と呼ばれ、摘み取りは冬から春にかけて行われるが、特に11~12月に収穫されるものは新のりと呼ばれ、柔らかく風味が豊かなので珍重されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県三浦半島横須賀
1月 2月 3月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP