ちょうしのしょうゆ|千葉県

銚子のしょうゆ

黒潮が流れ、水運にも恵まれた江戸時代から続くしょうゆの里

概要

関東平野の最東端に位置する銚子市は、古くからの歴史があるしょうゆの名産地。沿岸沿い黒潮が流れ、温暖で湿度が高く、麹菌や微生物の働きが活発になるのでおいしいしょうゆを造るには最適の地だ。かつてしょうゆは近畿地方で主に造られていたが、江戸時代に政治、経済の中心が江戸に移ると、大消費地に近い銚子でのしょうゆ造りが発展していった。江戸川と利根川の水運を利用して良質の大豆や小麦、塩が手に入れられ、商品を江戸に運べたことも発達した理由。現在も、伝統の技を生かし、大豆の旨みをいかしたしょうゆが造られている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 千葉県銚子・佐原
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP