とみさとすいか|千葉県

富里すいか

糖度が高く、凝縮された甘みとみずみずしさが人気

概要

全国でも有数のすいかの産地である千葉県。その歴史は古く、干潟(香取・海上・匝瑳郡)、山武、長生地方といった砂地帯では、元禄年間(1688~1703年)にすでに栽培されたことが記録として残っているという。当時のすいかは甘味が少なく「水瓜(みずうり)」と称されていたが、大正時代から品種改良が繰り返され、生産者の努力の結果、現在の甘いすいかが完成したようだ。現在でもすいかの生産が盛んな富里市のすいかは特に糖度が高いことで知られ、”富里すいか”というブランド銘柄がつけられて出荷されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県成田・佐倉
7月 8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP