いすみまい|千葉県

いすみ米

清流・肥沃な土壌と伝統が育んだ、評価の高い関東の米どころ

概要

戦前から「国吉米」の銘柄として名高く、全国の市場からも高い評価を受けてきた。そのおいしさの秘密は、清澄山、麻綿原高原、養老渓谷を上流とする夷隅川の清らかで豊富な水、肥沃に富んだ土壌、そして、”千葉県のうまい米の三大産地”としての伝統。「関東で一番早く新米が食べられる」ともいわれている。主な品種は、「コシヒカリ」「ふさおとめ」「ふさこがね」。中でも、近年、作付面積が拡大している「ふさこがね」は、千葉県独自の品種で、粒が大きく、ふっくらとした炊き上がり。もっちりとした粘りも人気だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県鴨川・勝浦
9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP