あわなのはな|千葉県

安房菜の花

温暖な気候が育む春の味覚。豊富な栄養素と独特の味わいが魅力

概要

冬でも温暖な気候に恵まれる房総半島。その南端部に位置する安房地域が、主な産地。東京市場へ出荷されている食用ナバナの半数以上がこの千葉産といわれ、栽培面積、出荷量で国内トップクラスを誇る。花の咲く前のつぼみから下10センチ位までの葉・茎が食用。2~3月に最盛期を迎える春の味覚で、カルシウム含有量はホウレンソウの約2倍、牛乳の約1.5倍であり、ビタミンAも豊富。おひたし、からし和え、汁物の具などにおすすめ。生命力を感じさせる、独特の苦みと旨味に春の悦びを味わえる食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 千葉県館山・南房総
2月 3月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP