とやまけんのかんぶり|富山県

富山県の寒ブリ

”沖じめ”にして鮮度は抜群。脂ののった富山湾の冬の王様

概要

成長とともに呼び名が変わる出世魚の代表格であるブリ。初冬に「ブリ起こし」と呼ばれる雷鳴がとどろき、沖が荒れると、まるまると太ったブリが富山湾内に入ってくる。産卵前の一番脂がのったこの時期のブリは、”寒ブリ”と呼ばれて特に珍重される。重さ10キロにもなる大物だ。寒ブリ漁では、捕ってすぐに船上で氷水につけて「沖じめ」(仮死状態)にして運ぶため、鮮度は抜群。荒波にもまれて身が引き締まり、脂ののったまろやかな味わいは、一度口にしたら忘れられない。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 富山県富山市周辺・八尾黒部・宇奈月高岡・氷見砺波・五箇山
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP