にほんさいこのてつどうぼうせつりん|青森県

日本最古の鉄道防雪林

概要

野辺地駅のホーム西側に2kmにわたって続く約700本の杉林。明治26年に、日本初の林学博士である本多静六氏の進言で誕生したこの杉林は、豪雪地である町の線路を守るために植林された日本初の防雪林で、鉄道記念物に指定されています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 青森県下北半島・大間・恐山
住所 青森県上北郡野辺地町字上小中野(野辺地駅構内)
電話番号 【問合せ】TEL:0175-64-3266
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

日本最古の鉄道防雪林へのアクセス

青い森鉄道野辺地駅から徒歩で1分

PAGE TOP