しちのへしんめいぐう|青森県

七戸神明宮

概要

七戸神明宮は応永3年(1396)3月5日新町に創立。寛文4年(1664)9月南町に移転。明治14年(1881)9月22日現在地に御遷宮になり、城跡に七戸地方一帯の総氏神様として栄えてきた。 神明宮の大神様は大日要貴尊様(おおひめむてのみこと)農業をはじめ学問の神様でもある。全て生み育てること(生成育化)に力を授け下さると信じ、先祖が崇拝し、今日に及んでいる。 特に七戸の殿様が、代々崇敬の念篤く南部藩主第36世利敬公は、今で言う青少年の不良化防止のため、青少年健全育成に力を注ぎ、若者に神楽を奨励し、特に親孝行踊りの歌などを作り、七戸藩重要行事の一つとして舞子を指定し、お役人見張りの下に稽古せしめ、神明宮大祭にも奉納し、一時中絶したが明治9年(1876)復活し今も続いている。また、親孝行踊りは町無形文化財に指定されている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 青森県十和田・奥入瀬
住所 青森県上北郡七戸町字町
電話番号 【所在地】TEL:0176-62-2514 / 【問合せ】TEL:0176-62-2514
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】1396年

七戸神明宮へのアクセス

七戸十和田駅から車で10分

PAGE TOP