どじょうかばやき|富山県

どじょう蒲焼

香ばしくほろ苦い大人の味は、酒肴にも最適な夏のスタミナ食

概要

どじょうを開いて串刺しにし、甘辛いタレをつけて蒲焼きにしたもの。“どじょうの蒲焼き”は主に富山県南砺市の名物で、7月上旬から8月下旬がおいしい時期だ。タレは店ごとに独自に調合され、醤油と水あめ、皮を柔らかくするための日本酒、みりんを混ぜるのが一般的。水あめの代わりにじろあめ(米でつくった水あめ)を入れる店もあるそうだ。香ばしさの中に独特の苦みがあり、しっかり焼いてあるので骨まで食べられる。良質のたんぱく質、カルシウム、リン、鉄分を豊富に含んでおり、夏のスタミナ食としてもお薦め。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 富山県砺波・五箇山
8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP