ふくいけんのらっきょう|福井県

福井県のらっきょう

分球サイクルが多い栽培法で、小粒で歯切れが良く、風味まろやか

概要

小指の先ほどの大きさで、身が締まり繊維が細かく、シャキッ、シャキッと口の中で小気味よく響く歯触りがよい。その秘密は三里浜の砂丘地でしか行われていない三年堀にある。らっきょうの栽培は8月中旬から9月中旬に植え付けを行い、翌年の6月~7月に収穫するのが通常だが、三年掘では収穫をさらに1年遅らせ、2度冬を越させる。さらに1年で6~7球に分球し、その度に皮が薄く繊維が細かくなり身も締まる。分球サイクルが多い分、小粒で歯切れが良く、風味もまろやかになる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
6月 7月
住所 福井県福井県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP