わかさぐじ|福井県

若狭ぐじ

脂がのり、甘みがあり、淡白で香りがよい。和の最高級食材

概要

江戸時代から伝わる底延縄(そこはえなわ)という、身を傷つけない漁法で獲れたアカアマダイのうち、鮮度が良く姿形が美しい大型のものだけが「若狭ぐじ」と呼ばれている。和の最高級食材のひとつとして、京都などで古くから愛されている。暖流と寒流の交わる若狭湾で良質な餌を食べて育つ。身は大きく脂がのり、甘みがあるのが特徴。淡白で香りがよく、味わい深い大変美味しい魚。ウロコのきめ細やかさを活かすためウロコも一緒に焼き上げる「若狭焼き」が有名で、香ばしく身もほくほくで格別の味。8月上旬~11月下旬が旬の時期。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県敦賀・小浜・若狭
8月 9月 10月 11月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP