あまえび|福井県

甘エビ

越前ガニ、若狭フグとともに福井の冬の味覚を代表する味

概要

”甘エビ”は、正式名称を”ホッコクアカエビ”といい、体色が赤く、ほっそりとしたエビ。日本海側の山陰から北海道にかけての広い範囲に生息しており、福井沖では甘味の強い大きなサイズのものが水揚げされる。甘エビは、若い内はオスとして育ち、5~7年後に、メスに性転換するため、大きいものは全てメスになる。抱卵期間が約1年と長く、透明感のある緑色の卵を持ったアマエビは、濃厚な味が楽しめると人気が高い。とれたての新鮮なものより、一晩寝かせたほうが甘味が増していっそうおいしく食べられるということだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県福井市・永平寺勝山・大野敦賀・小浜・若狭東尋坊・芦原温泉越前・鯖江
1月 2月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP