いしかわけんのかんぶり|石川県

石川県の寒ブリ

北陸の冬・雪の舞う荒波の日本海を代表する魚

概要

石川県能登半島の富山湾に面した海域は全国有数の定置網地帯で、その歴史も古く、16世紀には今のブリ網の原形ともされる台網によって漁が行われていた。この一帯では12月頃に鳴る雷をブリが大量に獲れる前ぶれになることから「ブリおこし」という。そんな石川の冬を代表する魚だ。ビタミンB群、鉄、カリウム、DHAやEPA等の高度不飽和脂肪酸が多い。刺身、焼き物、郷土料理の「ブリ大根」、かぶらにブリの身を挟んで糀で漬けた「かぶら寿し」、わら縄を巻いた「巻きぶり」カラカラに干した「干しいなだ」などが美味しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP