なかじまな|石川県

中島菜

独自のほろ苦さと辛みが特徴の浸け菜の一種

概要

中島菜は石川県七尾市を中心に生産される、アブラナ科アブラナ属のツケナ類の一種。独特のほろ苦さと辛みが特徴。旧中島町で明治時代から小規模ながら栽培されてきたことからこの名がついた。各家庭の食卓で珍重されているが、地元消費がほとんどで、県外ではめったにお目にかかれない。訪れた際にはぜひチェックしたい食材の一つだ。漬物にしてほろ苦味と辛味を楽しむのが主流だが、おひたしにしても美味しい。旬は12月初旬~2月下旬で、冬越ししたものは風味よく香りも高いと言われるので、春の野菜のイメージが強い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県能登半島和倉温泉・七尾
1月 2月 3月 4月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP