かがれんこん|石川県

加賀れんこん

藩政の時代から伝わる、様々な郷土料理に使われる地元の特産品

概要

加賀野菜“加賀れんこん”のルーツは藩政時代、加賀藩五代藩主前田綱紀のころにさかのぼる。当時は城中で栽培され、「ハスノ根」という呼び名で、武士が薬として使っていたといわれている。実際今でも「れんこんのおろし汁で鼻づまりが治る」などという民間療法がある位だ。もちろん食材としても美味で新鮮な泥付きれんこんとして売られている。はさみ揚げ、酢れんこん、きんぴら、煮物、みそ汁等などの煮物のほか、エビなどと混ぜ合わせて作る「はす蒸し」という郷土料理などが美味。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢
1月 2月 3月
住所 石川県金沢市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP