かなざわすいか|石川県

金沢すいか

石川県を代表する果実。寒暖差が大きい環境が美味さを生む

概要

石川県金沢市の、日本海をのぞむ砂丘で生まれた“金沢すいか”は石川県を代表する果実で、全国でも有数の大産地。地下150mから汲みあげるという、白山連峰の美味しい水で育つ。砂丘という土地は、昼間は熱を受けてぐっと暑くなり、夜の冷えも早く、肌寒くなるほどの早朝には砂もぐっと冷たくなる。この寒暖差が金沢すいかならではの美味しさを生むのだそう。市場に出回るのは6月中旬~7月下旬で、最盛期は7月中旬から下旬。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP