いしかわたけのこ|石川県

石川たけのこ

雪の中でじっと春の訪れを待つ、やわらかさが特徴の貴重な美味

概要

加賀野菜“たけのこ”はマダケ属の一種、タケ類の中で最も大きい孟宗竹(モウソウチク)で、稈の高さ10~20m、径25cmにもなる。孟宗竹の一種。ルーツは江戸時代に金沢市金城地区ではじめられ、ついで内川地区、富樫地区に広がったという。雪の下でじっと春の訪れを待つ石川の筍は節と節とのあいだが詰まりやわらかいのが特徴。ビタミンB2、Cが多く、低カロリーとヘルシー。内川地区では4月下旬~5月上旬に出回る。たけのこの旬は短く、貴重な春の味覚だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢
4月 5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP