いしかわけんのかれい|石川県

石川県のかれい

「くちぼそ」「すがれい」「ささがれい」…種類も呼び方も色々

概要

カレイは土地よって様々な呼び方があるが、石川県ではマガレイを「くちぼそ」、ムシガレイを「すがれい」、ヤナギムシカレイを「ささがれい」、メイタガレイを「すずめ」という。ちなみにシタビラメを「ねじた」あるいは「ねじらがれい」というが、これはカレイとは異なるウシノシタ科の魚だそう。ともかく実に種類が豊富なこれらのカレイは、獲れる時期は種類によりまちまち。アカガレイ、ナメタガレイは春に旬を迎え、底びき網や刺網で多く獲られる。カレイの鮮度を見分けるには、眼がある側の体表の透明感と適度のぬめりを見るとよいとか。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP