きんしうり|石川県

金糸瓜

石川県民の食卓でおなじみのシャキっと元気が出る”うり”

概要

”金糸瓜(きんしうり)”とは、19世紀末に中国から伝わった”覚糸うり(かくしうり)”が原産といわれているもので、長さ20センチほどの楕円系をしたうり科の食材だ。果皮は鮮やかな黄色で、熟果を輪切りにしてゆでると果肉がそうめん状にほぐれることから「そうめんうり」と呼ばれることもある。石川県内では、家庭料理の食材として一般的に使われており、”報恩講料理”(仏事料理)の料理に欠かせない食材にもなっている。主に、酢の物や和え物、粕漬けなどで食べられるようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP