のとしろねぎ|石川県

能登白ねぎ

地元農家が手間暇かけて育てたねぎは、上品な柔らかさが自慢

概要

能登のやさしい土で育てられた「能登白ねぎ」は能登半島中央部の七尾市・中能登町を中心に生産されている。ねぎの根元の白い部分を太く長くするため、何度も何度も土寄せを行うなど手間暇かけて育てる野菜。その姿は白と緑の境目のコントラストがはっきりしており、しっかりとハリがあるが、辛味はなく、ほのかに甘いのが特徴。甘くて緑色部の葉まで柔らかいとの評価が高い。7月下旬~12月上旬が旬。薬味や鍋物が一般的だが、この白ねぎを使ったラッキョウ酢漬けもおすすめ料理の一つだとか。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県能登半島和倉温泉・七尾
8月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP