ながのけんのわかさぎ|長野県

長野県のわかさぎ

脂肪が少なく、あっさりしたうま味、骨ごと食べられる冷水魚

概要

硬骨魚綱サケ目キュウリウオ科に属する冷水魚。和名は「若い小魚」という意味。主に沿岸や湖沼とそれに流入する河川に生息する。長野県には諏訪湖、松原湖、立岩湖などに生息し、わかさぎ釣りができる湖がたくさん存在する。長野県のわかさぎは型が良いことで有名。例年12月中旬頃~3月始め頃までの釣り解禁中に釣れるわかさぎは11~14cmサイズのものが多い。沢からの冷水で引き締まったスリムな魚体は何とも美味で、そのまま刺身にしてもよい。ほとんどのわかさぎ料理は骨ごと食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県長野市・戸隠・小布施野沢温泉・志賀高原安曇野・白馬松本・上高地・塩尻阿智村・飯田諏訪・蓼科・八ヶ岳軽井沢上田・小諸・佐久木曽伊那・駒ヶ根
1月 2月 3月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP