のざわな|長野県

野沢菜

別名“信州菜”。菜花も美しい信越を代表するアブラナ科の野菜

概要

信越地方を代表する野菜と言えば“野沢菜”。別名“信州菜”とも呼ばれ、長野県の野沢温泉周辺では、定番となっている“野沢菜漬け”の材料となる野菜だ。もともとは“蕪菜(かぶな)”という名称だったが、野沢温泉に根付き、その地名から“野沢菜”と呼ばれるようになった。シャクシャクとした食感と白飯との相性が抜群の野沢菜漬けのイメージが強いが、種蒔き後、一番最初に間引きしたものを茹でておひたしにしたり、簡単に浅漬けにしたり、野沢菜漬けの過程で、取り出して炒めたり、酒粕煮にしたりなど、楽しみ方も様々だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県上田・小諸・佐久
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP