ながのけんのりんご|長野県

長野県のりんご

明治7年から栽培される、全国区の伝統的なフルーツ!

概要

長野県におけるりんご導入は明治7年。養蚕の不況が叫ばれりんご栽培が長沼全域で急速に転換したのがはじまりと言われる。りんごには、カリウムやペクチンなどが多く含まれる。指で軽く叩くと澄んだ音がするものは実がしまって新鮮。大玉よりも中玉の方が味に当たりはずれがなく、日持ちもよい。「つるが」の場合は、お尻の部分が緑色のものがシャキッとしていて美味。「サンつるが」のような無袋ものは、肌が荒れていても、日光を良く浴びた証拠で味は一段と濃厚。呼吸作用を抑えるためにビニール袋に入れ0~10℃の低温で保存する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県長野市・戸隠・小布施野沢温泉・志賀高原安曇野・白馬松本・上高地・塩尻阿智村・飯田諏訪・蓼科・八ヶ岳軽井沢上田・小諸・佐久木曽伊那・駒ヶ根
1月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP