ながのけんのしちみとうがらし|長野県

長野県の七味唐辛子

客の好みに応じた調合が決め手。善光寺みやげとしても有名

概要

長野の善光寺の近くには、日本に三軒ある七味唐辛子の老舗の一軒「八幡屋礒五郎」がある。江戸時代、長野の名産だった麻と和紙を江戸を中心に、全国に売りに行った商人が、帰りに七味唐辛子など食品を仕入れ、善光寺周辺で売りさばいていた。その中で八幡屋礒五郎が七味を生産して売り始めた。周辺は山椒が自生し、材料である唐辛子、ごま、しょうが、しそなども取れる。客の好みに合わせ、小さじで7つの味を調合して売っていたという。?今も、風味豊かな七味唐辛子が名産となっている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 長野県長野市・戸隠・小布施
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP