あいちけんのめろん|愛知県

愛知県のメロン

濃厚な甘さとなめらかな舌触りが、フルーツの王様たる所以

概要

愛知県でのメロン栽培の歴史は明治時代からで、現在は東三河地方を中心に大産地を形成。温室メロンの代表マスクメロンは、濃厚な甘さと美しい網目模様でフルーツの王様と呼ばれている。徹底した栽培管理のもと1株に1果のみ結実させて大切に育てるが、特に「渥美アールス」は、渥美地方の農家が昭和初期から保存していた系統で「あいちの伝統野菜」に選定されるほど。果肉がきめ細かく舌触りがよいのが特徴だ。どれも出荷のピークは8月で、まずは常温で保存。お尻の部分を押して柔らかく感じたら食べ頃、冷蔵庫で冷やして食べよう。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県名古屋犬山・瀬戸・一宮岡崎・豊田・奥三河知多半島・常滑豊橋・渥美半島蒲郡・碧南
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP