うずらのたまご|愛知県

うずらの卵

産地が集中し、全国シェア7割、生産量日本一を誇る。

概要

全国シェア7割という生産高を誇る愛知県の”うずらの卵”。その産地が集中する愛知県の豊橋市では、1日当たりの産卵量が350万個を超えるという。うずらが家禽化されたのは江戸時代で、もともとは、富裕層の間で豪快な雄たけびを楽しむためのペットだったといわれる。飼育されているのは、野生うずらを多卵産に改良した日本うずら。うずらの卵は、髪や肌の美容に効果的なビタミンB1を豊富に含むので、健康食品としても注目されている。丼ものや炒め物の具として、串焼き、スープに入れておいしく食べられる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県豊橋・渥美半島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP