おわりのたまご|愛知県

尾張の卵

黄身を箸で持っても壊れない!とマスコミで注目される卵

概要

「物価の優等生」と評価されつつも、消費に伸び悩みを見せていた鶏卵のブランド化に成功したのが一宮市浮野養鶏農業協同組合。平成6年に県の補助を受けて生みたて卵の直売店もオープンさせた。箸で持っても壊れない黄身の甘さで、テレビや雑誌、ネット販売などでお馴染みとなった白玉の“尾張の卵”のほか、さらに旨みと栄養成分がパワーアップした赤玉の“尾張のおいしい卵”がある。おいしさの秘密はエサに海藻やサンゴ化石を加えること。これにより黄身が濃厚になるのだという。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛知県犬山・瀬戸・一宮
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP