まきのはらのおちゃ|静岡県

牧之原のお茶

全国有数の茶所。芳醇な香りと美しい緑色、まろやかな味が特徴

概要

標高40~200メートルで、北から南側にかけて傾斜した土地が多く、水はけが良い土壌で、温暖な気候のため、茶の栽培に適した牧の原。市内には約2590ヘクタールの広大な茶園が広がり、日本有数のお茶の産地としても知られている。牧の原は、茶摘の時期が早く、4月中旬には、さっぱりとした新茶が味わえ、5月初旬の八十八夜にはコクのあるお茶が楽しめる。市内で主に栽培されているのは、”やぶきた”という品種。茶葉が大きく肉厚で、カテキン(渋み)が強いため、長い時間をかけて蒸した深蒸し茶にするのが一般的なようだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 静岡県掛川・御前崎・寸又峡
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP