じゅうろくささげ|岐阜県

十六ささげ

夏の貴重なビタミン源。さわやかな伝統野菜

概要

大正時代から尾張地方でつくられ、さやの中の豆が16個あることから名づけられた「十六ささげ」。岐阜県では、羽島市、本巣市(旧糸貫町)で栽培される。収穫時期は6月から9月。高温・乾燥に強く、盛夏でもよく着莢するので、青物が少ない夏期における貴重なビタミン源に。形はいんげんに似ているが、いんげんより柔らかく、食味が良いのが特徴で、長さは約30~40cm。さっと茹でて、しょうがじょうゆで食べるのがさわやかで夏にぴったり。また、胡麻和え、卵とじ、かき揚げ、混ぜご飯にと、料理の幅は広い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岐阜県岐阜市・大垣・関ヶ原郡上八幡・美濃加茂中津川・恵那・多治見飛騨・高山・白川郷下呂(下呂温泉)
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP