ひだあかかぶ|岐阜県

飛騨紅かぶ

突然変異で生まれた、丸く色鮮やかな紅色のかぶ「飛騨紅かぶ」

概要

岐阜県高山市(旧高山市・丹生川村)を中心に栽培されている「飛騨紅かぶ」。丹生川村は、古くから八賀郷と呼ばれ、八賀かぶと呼ばれる赤紫色の丸かぶが作られていた。1918年に、この八賀かぶから突然変異で紅色のかぶが発見され、その紅色のかぶから、形が丸く色鮮やかなものを選抜し、「飛騨紅かぶ」が生まれた。表皮は鮮紅色、球形は扁平、肉質は乳白色でもち質。当地の秋の冷涼な気候により、柔らかく肥大し、漬物として最適となる。収穫時期は10月上旬から12月上旬。漬物、酢のものに利用する。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 岐阜県飛騨・高山・白川郷
10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP