なんばんえび|新潟県

南蛮エビ

透き通るように美しい身。上品な甘さとプリプリとした食感は絶品

概要

正式名称は「ホッコクアカエビ」。一般的には「アマエビ」といわれることが多いが、赤色で姿形も唐辛子に似ているところから新潟では「南蛮エビ」と呼ばれている。新潟の南蛮エビがおいしいと言われるのは、信濃川と阿賀野川から流れ込む水が交わり、川からの栄養分を豊富に含んだ海域が漁場であるため。甘味が強く旨みたっぷりで、身が太く、赤みが強いのが特徴。刺身や炙り、蒸し物などいろんな料理になるほか、頭は味噌汁やから揚げに。卵はしょう油や塩で味付けし酒のつまみに。余すとこなく丸ごと堪能できる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
別名 ホッコクアカエビ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 9月 10月 11月 12月
住所 新潟県新潟県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP