にいがたえだまめ|新潟県

新潟えだまめ

高い人気を誇る秘密は、味にこだわった収穫にあり

概要

全国屈指のえだまめの栽培面積を誇り、各地で時期にあわせた様々なえだまめが栽培されている新潟県。5月のハウス栽培で収穫されたえだまめの出荷に始まり、6月はトンネル栽培、7月以降は露地栽培、8月は主に「新潟茶豆」、9~10月は晩生(おくて)の品種が出荷されている。新潟県産のえだまめは、実の入り(豆の太り)よりも味を優先するため、うまみのもとになる糖分やアミノ酸がまだ多い8分の実の入りのときに収穫しており、中でも「新潟茶豆」として流通している茶豆は、その特徴的な香りと甘みで人気となっている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺佐渡長岡・三条・柏崎上越・妙高越後湯沢・津南・十日町村上・新発田
6月 7月 8月 9月 10月
住所 新潟県新潟県_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP