おおさかいちじく|大阪府

大阪いちじく

近郊栽培で鮮度抜群!食物繊維が豊富で、濃厚な甘さが絶品

概要

いちじくは果肉が軟らかいため、保存や運搬が難しい。そこで、都市近郊で栽培されるようになり、今や近郊農業の果物の代表選手だ。「朝採りの完熟いちじく」なども人気である。大阪では明治以前より栽培されていた。現在、主に栽培されているのは「桝井ドーフィン」という品種で、大きくて甘いのが特長。主に羽曳野市や河南町などの南河内地域、泉州の岸和田市で栽培されている。食物繊維が豊富で、1つ食べるだけで1日に必要な食物繊維の約1割を摂取することができるという。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
7月 8月 9月 10月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP