せんしゅうきゃべつ|大阪府

泉州きゃべつ

加熱しても崩れず、甘さが増すのが特徴。お好み焼きや煮物料理に

概要

泉州地域のキャベツは冬キャベツが主体で、大阪名物「お好み焼き」には欠かせない。加熱しても崩れず、甘みが増すため、お好み焼きの他、ロールキャベツなどの煮込み料理などにも最適。冬の寒さで甘みを増すため生で食べてもおいしい。現在の泉州きゃべつは「松波」という品種が主流で、ずっしりと重みがあり、しっかりと詰まっていて、市場でも高い評価を受けている。栽培に際しては生育の揃いが悪いこと、病気に弱いことなどの欠点があるが、農家の高い栽培技術により質と量の維持が実現していることがうかがえる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
5月 6月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP